環境へのこだわり


KES(環境マネジメントシステムスタンダード)

弊社が企業活動を行っていく中で、環境への負荷をできる限り低減するために、KES(環境マネジメントシステムスタンダード)ステップ2の認証を取得いたしました。

環境問題に日常的に取り組むために、具体的な目標を持ち計画を立てて実行。その内容を評価しながら継続的な改善を行っております。

環境宣言

製品及びサービスの環境影響を低減するために
日々努力を重ねております

基本理念
近畿容器株式会社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。

活動方針

近畿容器株式会社は、プラスチック容器の製造・販売に係わる全ての活動、製品及びサービスの環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。
以下の方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し環境マネジメント活動を推進します。

  • 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、世間に迷惑をかけない(汚染の予防)とともに環境保護を推進し、継続的改善と、日々向上を目指します。
    なお、環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  • 当社の活動、製品又はサービスに係わる法的及び、その他の要求事項を順守します。
  • 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    1. 省エネルギー化
      (電力使用量の削減・工場電力量の原単位削減)
    2. 省資源化:使用原料(プラスチックス)の不良排出率低減:コピー用紙使用量削減
    3. 再利用の推進
      (不良排出原料の再利用、一般ごみの再資源化)
    4. 当社環境活動のPR活動
    5. 啓発活動(地域周辺の清掃活動)
  • 一人ひとりが、環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに、一般の人々が入手できるようにします。
  • 企業として、また、各拠点における近隣地域、市区町村並び業界団体における環境改善活動に積極的に参画します。

地域密着

近畿容器は地域活動に
率先して参加しております

弊社ではKES活動の一貫として、定期的に事業所周辺の清掃活動に取組んでいます。

次世代育成支援対策推進法に基づく
「行動計画」について

男女に拘らず育児を両立し活躍できる環境の基盤として、全社員が個々の生活や環境に応じた多様な働き方の選択を可能とし、多様な人材が最大限の能力を発揮し活躍できる体制・企業風土づくりに取組みます。

目標1当社社員が妊娠中・産前産後において受けられる施策の周知の徹底
妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備の実施
目標2現状の就業規則・育児休業規程の見直・改訂と共に付随する制度の周知徹底
育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業などの諸制度の通知
目標3年間休日の増加(現状 年間休日105日+αとする)
多様な働き方に資する施策の実施、働き方改革の一環として、社員一人ひとりが業務効率、労働生産性を意識した働き方を推進し、労働時間の削減を促進します。

条件から探す

  • 製品名
  • 容量
  • 機能
  • 容器色